【輪島漆芸美術館】彫りを彩る〜人間国宝 山岸一男の世界〜

記事をシェア

2018年に重要無形文化財「沈金」保持者に認定された山岸一男氏は、1976年に日本伝統工芸展に初入選して以降、長きにわたって公募展への出品を重ねてきました。その間、沈黒や沈金象嵌、螺鈿など、幅広い技法と卓越した技、考え抜かれた意匠によって新たな表現を切り拓いてきました。本展覧会では、山岸氏の作品の魅力と絶えざる探求の歩みを珠玉の作品によってご紹介します。

プレイベント
工程記録映像上映会
出品作品「沈金象嵌山帰来平棗」の制作工程を記録した映像を上映します。
日時:8月6日、20日、27日(いずれも土曜日) 14:00~14:25
会場:当館講義室(予約不要・参加無料)
上映映像:『富山大学芸術文化学部工芸資料集(1)漆工芸加飾技法』(2013)から「沈金象嵌 山岸一男」(各回同じ)
*映像提供:富山大学芸術文化学部

クロストーク
山岸一男× 寺尾健一(工芸史家)
山岸氏の創作の歩みと作品の見どころについて、対話形式でお話しいただきます。
日時:9月25日(日)14:00~15:30
会場:当館講義室(参加無料)
定員:50名(要予約) 8月25日から電話予約開始 ☎0768-22-9788 *予約の受付は、終了致しました。

*予定は変更となる場合があります。

会   期  2022年9月17日(土)~11月6日(日)
       ※会期中無休
開 館 時 間  午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
主   催  石川県輪島漆芸美術館
会   場  石川県輪島漆芸美術館 展示室1・2・3
入 館 料  一  般:630円(520円) 
       高大学生:320円(210円)
       小中学生:150円(100円)
       ※( )内は20人以上の団体料金