能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>



映画「能登の花ヨメ」

エキストラ出演された住民のみなさんの声


※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

能登で生まれ育った方たちがエキストラ出演されました!出演者のみなさんが語る能登の素顔をご紹介いたします!
■小林道雄(こばやしみちお)さん
肩書き :穴水町志ヶ浦区長       
お住まい:穴水町志ヶ浦       
関わり :花嫁行列シーンで仲人役として出演


-小林さんはどのシーンで何の役でご出演されたのですか?
ロケの前日に突然、主演田中美里さんの仲人役として出演依頼がありましてね・・・いやぁ~、恥ずかしいなぁと思いながらも無事やらせていただきましたよ(笑)

-住民の皆さんも新郎新婦の両親役や親類役で出演されたそうですね。
なかなかなこんな体験はないので、みんな喜んで協力してくれましたよ。出演者と住民が溶け込み和やかな雰囲気でロケが行われました。

-これから映画を観る方たちへ一言お願いいたします。
能登で生まれ育った人は「ふるさと」想いです。懐かしい「ふるさと」を思い起こしていただければと思います。
■橋本弥栄子(はしもとやえこ)さん
肩書き :幸寿し店長       
お住まい:穴水町         
関わり :竹原松子(泉ピン子)が鯛をさばく時の
       "手"役で出演


-橋本さんは"手"役で出演されたそうですね。
泉さんが鯛の頭を落とすシーンでの"手"は私の手です。

-出演依頼のきっかけは?
監督とは映画をきっかけに4年前からお店の常連になっていただいてまして、そんなご縁から料理の演出を任されたのですね。竹原家の夕食に出された料理で、地元野菜を使ったぬか漬けやナンバ(唐辛子)を炊いた物などは私が作りました。

-ロケでの様子を教えて頂けますか?
一生懸命作った炊き出し料理が大好評でしたよ。お年寄りがとてもイキイキ輝き、とても喜んでました。それから、ロケ終了後も白羽監督は能登へお越しになり、町の人との交流が続いています。

-これから映画を観る方たちへ一言お願いいたします。
能登の原風景の美しさを堪能いただきたいです。日本人が忘れているものを、この映画で思い出していただけたらと思います。
■安原信治(やすはらしんじ)さん
肩書き :能登 輪島の食材通販サイト
       「輪食(washoku)」を運営
お住まい:輪島市     
関わり :地元の青年団として出演


-ロケに関わった感想をお願いいたします。
昨年の能登半島地震を機に輪島にUターンで戻ってきたのですが、ひょんなきっかけで白羽監督と知り合いました。
そのひょんなきっかけで映画に出演することとなったのですが、最初は単なるエキストラかと思いロケ地に向かうと、実は出演者として映画に参加することになっていて、台詞もそこには用意されていたんです。
ロケ中は、他の出演者の方々と時間を共有し、今でも連絡を取り合ったりと、まさかまさかのお付き合いが現在もあります。
主演の田中さんや泉さん、桂子師匠や他の出演者の方々、また監督はじめ、スタッフの皆さんには本当に親しく接して頂きました。
その皆さんは復興のために、能登のためにとの思いでこの映画作りに心血を注いでおられた姿が今でも心に残っています。

-映画「能登の花ヨメ」を観る方へ一言お願いいたします。
僕自身、すでに何度か観させていただいていますが、本当に心に響くものがあります。故郷を持ち、その故郷が大好きな人には胸を打たれるものがあります。
そうでない人にも人と人とのつながりの温かさがしみじみと自分の心に伝わってくる映画です。
そして、能登を知らない人には能登を知ることが出来る映画です。
構えず素直な気持ちで観ていただきたいです。
■梶文秋(かじふみあき)輪島市長
肩書き :輪島市長
お住まい:輪島市     
関わり :山田フジ(内海桂子)の葬儀シーンで
     僧侶役として出演


-市長は僧侶役で出演なさったそうですね。
最初、監督がご挨拶にみえられた時に出演依頼を受けました。その時に「私のこの風貌(頭)からして、坊さん役しか無いでしょう」と冗談を言っていたんですが、それが現実となり驚きやら恥ずかしいやらで何とも複雑な気持ちでした。
いずれにしましても、この映画は、能登半島地震の復興支援に役立てばということで企画して頂いたもので、市としても大変有り難く、その1シーンに出演させて頂いたことを、大変光栄に思っています。 また、泉さん、田中さんをはじめとする大スターの方々と共演させて頂いたことはこれまた光栄なことであり、私の市長としての10年間の中でも大変思い出に残る1ページとなりました。

-震源地となった輪島市でのロケですが、住民のみなさんの声はいかがでしたか?
地震発生以来、仮設住宅での生活を余儀なくされている皆さんはもちろんのこと、全市民がそのショックで落ち込んだ状態でしたから、その様な中、この映画のロケが決まった時は、みんなが明るさを取り戻す契機になってくれれば…と大きく期待しました。結果、出演者の皆様から励ましの声を掛けていただいたり、ロケの炊き出しのお手伝いなどを通して市民の皆さんもたくさんの元気と勇気をいただきました。

-ロケ終了後の住民の皆さんの様子はいかがでしたでしょうか?
まずは、復興支援ということでこの様な素晴らしい映画を制作して頂いたことに対して感謝の気持ちでいっぱいの様子でした。加えて、エキストラでの出演や、炊き出しなどを通して自分たちも制作の一端を担ったという満足感と喜びもひしひしと伝わって参りました。

-「能登の花ヨメ」の映画を観る方たちへ一言お願いいたします。
いよいよ8月23日から全国ロードショーでの公開ということで、全国での反響が大変楽しみです。能登地区では5月10日から各市町で先行上映され連日大盛況でした。都会の方にはこの映画を通して、田中美里さんが演じる主人公のみゆきが都会と異なる暮らしぶりや環境に戸惑いながらも地域の人たちと共に生きてゆく喜びや、家族と一緒に暮らしていく意味を見いだしていく姿を通して、「家族の大切さ」「故郷の大切さ」を感じていただければと思います。
また、震災から1年5ヶ月が経過し、市内各地で新しい家屋や街なみが再建され、道路などの公共施設もほぼ復旧しており、震災の爪痕は日一日と無くなってきています。仮設住宅も来年4月末をもって全て撤去される予定です。この震災の記録を次世代に残すという意味におきましても、この映画は非常に重要な意味を持つものと認識しています。
この様に、2つの大きな意味を持った「能登の花ヨメ」を1人でも多くの方に観ていただくことを心から願っております。
■ヤギのハナちゃん
飼い主 :道下一美さん
お住まい:穴水町鹿波  
関わり :竹原松子(泉ピン子)が飼っている
      ヤギとして出演  


-元々脚本では田中さんが嫁ぐ農家(竹原家)では鶏を飼っている設定だったそうですね。
田中さん、鶏をこわいらしくて、急遽ヤギに変わったようです。

-ハナちゃんが選ばれた理由は?
それは、監督とプロデューサーがヤギの下見に来た時、他のヤギはみんな逃げて寄りつかず、ハナちゃんだけがなついたので、即決で選ばれました!

-確かに・・・牧場を出る時、ハナちゃんだけが小屋の外からずっと私たちを最後まで見送ってくれてましたね(笑)
そういえば、その後ハナちゃんはママになったとか・・・
実は、ハナちゃんはロケの間お腹が大きかったんですよ。ロケ翌日に出産し、田中さんが能登の「ノ」、「ト」をとって「ノンちゃん」「トンちゃん」と名前をつけてくれたんですよ(笑)実は、今年もハナちゃんは秋に出産を予定してるのです。

おめでとうございます!今年も元気な赤ちゃんが産まれてくるのが楽しみですね。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

四季の暮らし部

広告募集