能登スタイル

パソコン版スマートフォン版



イベント・ワークショップ

板ガラスの表現 ~ひろがるかたち、無限の可能性~

2017年4月15日(土)~2017年7月9日(日)
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
七尾市 能登島ガラス美術館
※休館日:第3火曜日(4月18日、5月16日、6月20日)

 熱によって柔らかく溶けたガラスを平らな板状に成形することで板ガラスは作られます。視線を遮らない透明性と平滑な面を持つ板ガラスは、例えば窓ガラスとして使用され、私たちの生活に欠かすことができない製品の一つとなっています。
 板ガラスは、透明で無機質な素材ですが、見る角度を変えたり光を受けたりすることで様々な表情を見せます。作家たちは、視点を動かすことで見えてくる色の深みや、反射によって鏡のように見る者の姿を映し出す、といった多様な変化を見せる板ガラスを、身が持つイメージを具現する素材としてとらえ、重ね合せる、削る、磨く、曲げるといった技法を施しながら、独自の造形表現を生み出しています。
 本展では、板ガラスを用いて創作活動を行う現代作家5名(アビルショウゴ、家住利男、生田丹代子、小島有香子、所志帆)の作品を展示し、板ガラスによる表現のひろがりと造形の魅力をご紹介します。
■開催期間
2017年4月15日(土)~2017年7月9日(土)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
七尾市 能登島ガラス美術館
※休館日:第3火曜日(4月18日、5月16日、6月20日)

■開催場所
七尾市 能登島ガラス美術館
(七尾市能登島向田町125部10番地)

■入館料
・高校生以上 800円
・団体(20名以上) 700円
※中学生以下無料

■主催
公益財団法人七尾美術財団

■問い合わせ
能登島ガラス美術館
TEL:0767-84-1175

※内容、時間、料金など掲載情報は変更される場合があります。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

活きサザエを産地直送

結婚式やイベント2次会に、目録ギフトはいかが?