能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>



おすすめスポット

朝市


歩くだけで楽しい!買い物するともっと楽しい!そしておばちゃん達と話すのが1番楽しい!能登の人と生活文化に触れられる、輪島の朝市です。

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

〒928-0001 石川県輪島市河井町朝市通り
8:00頃~12:00
毎月第2、第4水曜日、1月1日~1月3日
ふらっと訪夢(バスターミナル)から徒歩約10分
■元気なかあちゃん達
能登のかあちゃん達は本当に元気です。
能登に来てそれを一番身近に感じることが出来るのが"輪島の朝市"でしょう。
通りを歩き出すと、「ねえちゃんこおてかんかぁ?」「こおてくだいま」と、あちこちから声が飛んで来ます。朝市のかあちゃん達と話しながら買い物をする、それが朝市の1番の楽しみ方ですね。
■商品からおばあちゃんたちの生活を覗く
小さなゴザの上で少量のもの、季節のものを販売しているおばあちゃんたち。
おばあちゃんの畑で獲れた季節の野菜、お漬け物、山から採って来た山菜、手作り民芸品などが並んでいます。
午前中は、朝市でお店をしていますが、それ以外の時間でせっせと畑や山や家、田んぼで働くおばあちゃんたちの暮らしぶりを、朝市に並んでいる商品を通じて、ちょっとだけ覗く事が出来るのではないでしょうか。
■ポイントはリヤカー
リヤカーで移動しながら販売しているおばあちゃんもいます。
また、朝市の準備時間、店じまい時間には、リヤカーがあちこちから現れては消えていきます。今なお店がリヤカー1台で開いては閉じるという、シンプルな形態で朝市が支えられているのです。
実は、朝市だけではなく、輪島の町の中にはリヤカーでまわる魚の行商のおばちゃんを多く見かけます。それぞれの縄張りがあるようです。そんなリヤカーには、ちゃんと魚をさばき、ザンを処分できるようにもなっているんです。
"リヤカー"を中心に朝市を見てみるというのも、楽しいかもしれません。
■ファッションの見どころ
朝市通りは、同時に輪島のおばあちゃんのファッションストリートでもあります。
ファッションの三大ポイントは、"もんぺ"、"ほっかむり"、"ヤッケ"でしょう。
意外と奇抜な柄の組み合わせを、うまく着こなしているおばあちゃんたち。ファッションセンスはなかなかのものです。
概要
朝8時には、朝市通りに新鮮な海産物をはじめ干物や野菜、民芸品などの露店が所狭しと道の両側に店開きする。その数約200軒で、奥能登の素朴な人情を感じる朝市。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

四季の暮らし部

広告募集