能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>


のとびと
<広告>

のとびと(七尾市)

  • 渡邊 徹(わたべ とおる)渡邊 徹さん(七尾市)

    1953年生まれ。昭和のシーカヤッカー。以前の店舗は手取川沿いにあったため、10年間はリバーカヤックを中心に活動していた。平成15年からは能登に引っ越し、シーカヤックスクール、ガイド、ウッドシーカヤック作りを指導している。

  • 北林 昌之(きたばやし まさゆき)北林 昌之さん(七尾市)

    島根県出身で、小さい頃はお茶栽培の手伝いをしていた。縁あって七尾にやってきて、お茶屋一筋。一本杉商店街の町会長として、まちづくりに率先して取り組む。花嫁のれん展は、もはや全国的な知名度を獲得した。町の語り部として多くのお客様を受入れている。

  • 須原 水紀(すはら みずき)須原 水紀さん(七尾市)

    七尾市出身。ダイビング歴5年。海に囲まれた能登になぜダイビングが無いの、という話から能登島ダイビングリゾートを始めた。開店からの3年間で1万人が体験に訪れている。

  • 吉田洋子さん写真吉田 洋子さん(七尾市)

    平成20年にはイギリスのウェッジウッド社に3ヶ月間留学。4人の子育てをしながら創作活動を続け、10年前に作ったギャラリーの新たな活用にも着手する。

  • 高 利充さん・博子さん高 利充さん・博子さん(七尾市)

    1年を通して100種類以上の野菜を栽培する脱サラ農家。県のエコ農家に指定され、全圃場が有機認証を取得している。現在はレストランへの直送がメインになっている。

  • 秋元 勇二さん(七尾市)

    子どもの頃、大いに遊んだことが役立っているという秋元さん。家族連れを中心としたお客様に、島でいかに楽しむかをさりげなくアドバイスしている。自らも、島暮らしを仲間たちと楽しんでいる。

  • 久木詞集さん(七尾市)

    システムエンジニアからそば屋へ、父親に続いて脱サラし、そば屋の二代目になる。接客と情報発信を担当してきたが、最近はスイーツの開発に取り組む。

  • 森山 仁さん(七尾市)

    金沢で修業の後、七尾にUターンし、眼下に七尾の町から能登半島を望むことができる場所にカフェを建設。イタリアンを中心に、時にはライブを催し、心地よい時間を提供しています。

  • 杉森修平さん(七尾市)

    お菓子を通じて自己表現を続ける三代目。地元産の素材も活かして、コンスタントに新商品開発を続けている和菓子職人です。ホームページや店頭に掲げられている三代目の似顔絵が個性的です。

  • 順毛 弘英さん(七尾市)

    七尾市の端にある鹿渡島定置の若き船頭さん。金沢の鉄工所に勤務していましたが、釣り好きが高じて、鹿渡島定置に遊びにいくうちに親方からスカウトされ、漁師の道へ。現在では獲った魚を使って商品開発などにも積極的に取り組んでいます。

最初 ← 1 2 最後
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

活きサザエを産地直送

広告募集