能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>



おすすめスポット

桶滝


桶滝の名の通り、底の抜けた桶のような穴の中を水が流れ落ちています。

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

〒928-0054 石川県輪島市大沢町
輪島バスターミナル(旧輪島駅)より北鉄バス上大沢・上山行きで大沢バス停下車
■森の中を進み、桶滝へ
輪島市の大沢(おおざわ)町から約1kmほど山手に入った所に桶滝はあります。
県道38号沿いに"桶滝鳥毛滝入口"と"椀貸し谷ポケットパーク"の2つの看板が見えたらその角を曲がり、細い道を進んで行くと目的地の桶滝入口に到着。
そして森の中を通る遊歩道をしばらく歩くと、目の前に桶滝が現れます。
■長い年月を経て自然が造り出した形
桶滝は大きな岩床に開いた穴の中を水が流れ落ちるという、非常に珍しい形をした滝で、県の天然記念物及び名勝にも指定されています。
足元に注意しながら近づいて下から見てみると、せり出した岩に丸い穴が開き、その穴から水が流れているのがわかります。
長い年月をかけ少しづつ落ちる滝の水が岩を浸食し、現在のような形となったのでしょう。自然が造り出す造形への驚きと、その力の大きさを感じます。
■大沢の集落の風景
県道から滝へ向かう道の入口には、小さな駐車スペースがあり、ここからは大沢の集落を見下ろせます。
入り江に面して、背後を山に囲まれた小さな漁村の風景は、素朴でのんびりとした雰囲気。鮮やかな木々の緑や海と空の色も加わってとても美しく、おすすめの景色です。
ちょっと立ち寄って眺めを楽しんでみてはいかがですか。
概要
西保海岸の大沢に流出する桶滝川にかかる3段になって落ちる滝で、高さは50mほどあり、大きな滝とはいえないが、形が変わっているので石川県の天然記念物に指定されている。特に、中段の滝は桶の底がぬけたようにして岩穴から落ちる珍しいタイプの滝。周辺に1.5kmの遊歩道がある。
 
"桶滝鳥毛滝入口"と"椀貸し谷ポケットパーク"の2つの看板が目印。
"桶滝鳥毛滝入口"と"椀貸し谷ポケットパーク"の2つの看板が目印。
  遊歩道入口。車が数台止められるスペースがあります。
遊歩道入口。車が数台止められるスペースがあります。
  桶滝へ向かう遊歩道。
桶滝へ向かう遊歩道。
流れ落ちる様子をさらに近くで見たところ。足元は急な斜面なので滑らないように注意!
流れ落ちる様子をさらに近くで見たところ。足元は急な斜面なので滑らないように注意!
  周りは木々の緑に囲まれています。
周りは木々の緑に囲まれています。
  大沢周辺の海岸の風景。
大沢周辺の海岸の風景。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

四季の暮らし部

広告募集