能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>


のとびと
<広告>

須原 水紀さん

須原 水紀(すはら みずき)

能登島ダイビングリゾート 代表

魚影が濃い美しい能登の海には驚きの世界が待っている
七尾市出身。ダイビング歴5年。海に囲まれた能登になぜダイビングが無いの、という話から能登島ダイビングリゾートを始めた。開店からの3年間で1万人が体験に訪れている。2009年春には、日本エコツーリズム協会のグッドエコツアーに選ばれている。
能登島ダイビングリゾート
〒926-0205 石川県七尾市能登島野崎町89-17
TEL 0767-84-0081 FAX 0767-84-0082
URL http://www.notodive.jp/

●体験プログラム
事前申込(一週間前)
料金 25,000円(冬季は3,000円up)税別
●体験プログラム+ドルフィンスノーケリングコース
事前申込(一週間前)
料金 40,000円(冬季は3,000円up)税別

※記事内容は取材時のものです。掲載情報変更の場合があります。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

■能登は魚の種類が多い
能登は、日本海の中でも生き物の種類が多い。図鑑は太平洋側が中心なので、図鑑に載ってない珍しい魚も見られます。冬は産卵にあがってくる富山湾の深海魚が見られます。
すぐ近い場所に深いところがあるのは、日本でも珍しいポイントです。夏場は特に魚影が濃い。トルネードといって、体を魚に巻きつかれるくらい多い。
例えば、地味なスズメダイは産卵期を迎えて体の色が変わります。アイナメのオスも通常茶色い体が黄色になります。オスが卵を守り、水を掛けてあげています。
季節限定の楽しみですね。
■海藻が育む魚たち
太平洋側は、サンゴに魚が付くが、能登島は海藻に魚が付き、大きな魚も集まってきます。
カリフォルニアのモントレーでは、海藻の森を見るツアーが人気なのですが、「能登は雰囲気がその海に似ている」と言われたことがあります。東京大学と筑波大学の海藻調査チームが能登島に来た時も、すごく海藻が豊富だと言われました。
■生涯続けられる楽しみ
ダイビングは、競うものではないので、何歳になっても可能なレジャーです。能登半島の内浦側は通年で楽しめることもプラスですね。
体調が悪いと難しいので、健康に気を遣うようになります。酒を控えたり、タバコを止めた人も多いです。
■じっくりダイビング
日本海、特に能登島でのダイビングは、急いで動き回っていろんな魚を見つけるよりも、岩陰や草陰で魚の動きや生態系を観察する「じっくりダイビング」がおすすめです。
ダイビングを行っている地域も、輪島市や珠洲市、能登町など増えてきています。能登全体をダイビングポイントとしてアピールしていきたいと考えています。
(NPO法人能登ネットワーク発行『能登人』の記事をベースに制作)
 
関連するページ
能登人と過ごす「能登時間」 http://bunanomori.com/noto-jikan/
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

活きサザエを産地直送

広告募集