能登スタイル

パソコン版スマートフォン版



イベント・ワークショップ

第26回重要無形文化財保持団体秀作展 日本の伝統美と技の世界

2018年11月10日(土)~2018年12月10日(月)※会期中無休
9:00~17:00(入館は16:30まで)

主催:全国重要無形文化財保持団体協議会・全国重要無形文化財保持団体協議会輪島大会実行委員会

共催:輪島市・輪島市教育委員会・輪島塗技術保存会

後援:文化庁・石川県・石川県教育委員会

協力:朝日新聞金沢総局・北陸中日新聞・北國新聞社・毎日新聞北陸総局・読売新聞北陸支社・NHK金沢放送局・石川テレビ放送・テレビ金沢・北陸朝日放送・北陸放送

入場料:無料

会場:石川県輪島漆芸美術館 展示室1・2

 

わが国には古くから優れた工芸技術が伝えられており、その芸術性及び歴史的価値は、世界から高い評価を得ています。本秀作展は、重要無形文化財保持団体14団体と関係22市町村によって構成される「全国重要無形文化財保持団体協議会」の総合的な作品展として、高度な工芸技術を作品展示並びに製作実演等を通して、広く一般に公開するものです。この機会に、ぜひ重要無形文化財の技と美の世界に触れ、本協議会の活動に対するご理解を深めていただきたいと存じます。

●関連事業
●展示解説 「輪島塗」
 日 時:11月22日(木)午後2時30分開始予定
●製作実演
「輪島塗」 ※輪島塗の工程の一部を体験することができます
 日 時:①11月22日(木)   午後1時~午後4時30分
     ②11月23日(金・祝) 午前9時~午後4時30分
「色鍋島」「伊勢型紙」
 日 時:11月23日(金・祝)午前9時~午後4時30分

●第4回漆文化セミナー
テーマ:「ウルシの植物学―ウルシ13000年の旅―」
講 師:鈴木三男氏(東北大学名誉教授)
日 時:11月18日(日)午後1時30分~午後3時 
    *受講無料
________________________________________
同時開催「アジアの漆芸」「輪島塗の歴史と文化」

会  場  石川県輪島漆芸美術館 展示室3・4
入 場 料   一  般 400円
      高大学生 200円
      小中学生 100円

「アジアの漆芸」
 東アジアには、日本の漆文化と同じく樹液を塗装する文化があり、日用品の製作や装飾に利用されてきました。しかし、器物の形、色彩、成形方法や加飾技法などは国や地域による特徴があり、普段見慣れている日本の漆器とは大きく異なっています。本展覧会では、タイ、ミャンマー、中国、韓国等の特色あふれる漆芸品を国別に展示し、アジアに広がる樹液塗装文化をご紹介します。

※内容、時間、料金など掲載情報は変更される場合があります。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

■開催期間
2018年10月10日(土)~2018年12月10日(月)※会期中無休
9:00~17:00(入館は16:30まで)

■開催場所 
輪島市 石川県漆芸美術館
(石川県輪島市水守町四十苅り11番地)

■会場
石川県輪島漆芸美術館

■問い合わせ
石川県輪島漆芸美術館
 TEL
0768-22-9788
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

加能ガニ、香箱ガニ

能登の干し柿

四季の暮らし部

広告募集