能登スタイル

パソコン版スマートフォン版



イベント・ワークショップ

10周年記念「漆芸の未来を拓く -生新の時2017-」

2017年5月20日(土)~2017年7月3日(月)
※会期中無休
9:00~17:00
主催:石川県輪島漆芸美術館
協力:金沢美術工芸大学・金沢学院大学・富山大学・東京藝術大学・京都市立芸術大学・東北芸術工科大学・広島市立大学・沖縄県立芸術大学
後援:石川県・輪島市・一般社団法人日本漆工協会

入館料:一般 620円(20名以上の団体 510円)
    学生は入館無料

会場:石川県輪島漆芸美術館
展示室 :1・2・4「10周年記念 漆芸の未来を拓く-生新の時2017-」
    3「輪島塗の歴史と文化」
 

●10周年記念「漆芸の未来を拓く ー生新の時2017ー

本展覧会は、大学や大学院で漆工芸を専門的に学んだ、2016年度卒業および修了者の漆芸作品を、石川県輪島漆芸美術館で展示します。2008年から毎年開催し、今年度は10周年展となります。
出品対象は、金沢美術工芸大学・金沢学院大学・富山大学・東京藝術大学・京都市立芸術大学・東北芸術工科大学・広島市立大学・沖縄県立芸術大学の8大学を予定し、47点を展示します。
漆の里・輪島で新進気鋭の活力に満ちた作品をご覧いただき、漆芸の未来に新風を吹き込む機会とします。


●併催展「輪島塗の歴史と文化」

 中世以来の永い歴史を有する輪島塗は、18世紀以降、沈金・蒔絵の加飾技法を発達させ、用と美を兼ねそなえた漆器として基盤をかため、全国にその名を高めました。江戸時代から現代までの輪島塗を通じて、「堅牢優美」とうたわれてきた、その発展の歴史と文化をご紹介します。
________________________________________

 関連行事

●輪島市民まつり2017協賛 特別無料開放

期間:6月3日(土)・4日(日)
期間中は全館無料でご観覧いただけます。


●ギャラリートーク・シンポジウム

日時:6月10日(土)*当日は無料開放いたします。
ギャラリートーク
時間:午後1時30分~午後2時30分
シンポジウム
時間:午後2時40分~午後4時30分
テーマ:「今、漆芸に求められているものは何か―産地の現状と大学における漆芸のあり方―
コーディネーター 田中信行氏(金沢美術工芸大学教授)
■開催期間
2017年5月20日(土)~2017年7月3日(月)
※会期中無休
9:00~17:00
主催:石川県輪島漆芸美術館
協力:金沢美術工芸大学・金沢学院大学・富山大学・東京藝術大学・京都市立芸術大学・東北芸術工科大学・広島市立大学・沖縄県立芸術大学
後援:石川県・輪島市・一般社団法人日本漆工協会


■開催場所 
輪島市 石川県漆芸美術館
(石川県輪島市水守町四十苅り11番地)

展示室1・2・4「10周年記念 漆芸の未来を拓く-生新の時2017-」
展示室 3「輪島塗の歴史と文化」


■入館料
一般 620(510)円 学生は入館無料
 *( )内は20名以上の団体料金

■問い合わせ
石川県輪島漆芸美術館
 TEL
0768-22-9788

※内容、時間、料金など掲載情報は変更される場合があります。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

活きサザエを産地直送

広告募集