能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>



おすすめスポット

時国家(重要文化財)


スローな時を感じる由緒正しき民家のたたずまい。

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

〒928-0205 石川県輪島市町野町西時国2-1
TEL 0768-32-0075 FAX 0768-32-0901
10:00~16:00(4月~11月の土・日曜日、5月3、4、5日)
月~金曜日 5月28日、29日 12月~3月(冬期休館)
大人500円、小・中学生200円
大型バス10台、普通車50台
輪島市街より国道249号線を東へ約20km。曽々木信号を右へ曲がる(約20分)  輪島駅ふらっと訪夢より北鉄バス宇出津行き下時国バス停で下車
時国家 http://www.tokikunike.com/

■時国家の建設
15代目の当主が、自分の山から木を切り出し、16代目・17代目の当主が50年の歳月をかけて築いたのがこの時国家です。梁に使われているのは自分の山にあった太い太い松の木を、同じ曲がり具合のものを吟味して使っています。これだけの材料が集まるという事が、当時の格の高さを象徴するものだったそうです。
■修復
昭和38年に国の重要文化財に指定されました。
その時まで子孫の方が代々住んでいたので、住みやすいようにとあちこち手を加えられていました。
平成15年の改修工事を機に、建設当初の状況に限りなく近く復元しました。柱と梁の材はほとんどそのまま利用されました。
また床材、天井に使う竹材等、利用出来るものは一本でも、一枚でも利用されています。そのため、床を良く見ると、まだらにストライプ状に見えます。赤みがあるものが、300年前から使っている床板、黒っぽいのが今の松です。また、新しく使った柱や戸・床等には、少しでも古い材料とマッチするように梁(はり)等にたまっていた煤(すす)を漆(うるし)に混ぜて、塗ったのだそうです。
■茅葺き屋根のグラデーション
時国家の茅葺き屋根は、竹が組まれていて、その上にかやの簾(すだれ)が敷いてあります。その上に麻殻(あさがら)、葦(よし)、茅(かや)の順番に葺いてあり、断面を見るとグラデーションがとてもキレイです。
■囲炉裏の上に隠していたものとは...
時国家に入ると大きな土間があります。そして一段上がったところに大きな囲炉裏あります。寒い季節にはここに火が入れられ、薪からでる煙が高い天井の方へと登って行きます。この煙が茅葺きの家ではとても重要。というのも、この煙のおかげで、茅に虫がつかずに夏を過ごせるからです。茅葺きの屋根も生き物なのです。
そして、この煙が意外なところで役に立っていたようです。囲炉裏の真上にはなぜか板張りの天井が。どうやらそこは"かくし倉"とよばれる場所で、その昔、非常事態に備えて米を隠していたそうです。未だにどこからこのかくし倉に登ったのかは不明ですが、囲炉裏の上にあるという事で、煙によって米にも虫がつくのを防いでくれたようです。ただ、囲炉裏の上だけが板張りというのも不自然なので、"ダミー"として、土間の天井の一部も板張りになっていました。
概要
1670年(寛文10年)時国家12代藤佐衛門時保の次男千松が分家し能登安徳天皇合祀時国家と呼ぶようになった。本家が天領に属していたのに対し、加賀藩領に属し十村役や肝煎、山回役、能登外浦一円の塩吟味役を勤めていた。建築様式は本造平屋建で、大屋根は茅葺入母屋、母屋は前後土手の縁側を除いて、間口23.4m(13間)、奥行き14.4m(8間)で、南向きに建ち、入母屋造り、平入りで、大きな茅葺屋根であるが、句配はやや暖かく、4方に茅葺の庇を巡らしている。座敷を奥座敷、中座敷、下座敷と並び、前面の入側を御縁座敷とよび、濡れ縁が付き、納戸には帳台構の跡が残っている。横に連ねたことは、接客を主とした特殊な様式といわれている。建設年代を知る確証がなく、手法からして200年ほど前と考えられている。手法で目立つことは、奥座敷だけが面皮柱を用いていること、土間が広くて、主屋の間口の約半分を占め、3本の独立柱や幾重にも重なる巨大な梁組を幾本も架した巧妙な小屋組の構造を残していることなどが挙げられる。特異な部分として、中2階の小部屋と小屋組内に「かくし倉」がある。
また、樹齢800年のシイの林を背景にした池泉回遊式庭園がある。1963年(昭和38年)に能登最古の民家で国の重要文化財に指定されている。
土間:時国家を支えるケヤキも大黒柱。
土間:時国家を支えるケヤキも大黒柱。
  内部天井:高い天井の上には、見事な小屋組が。
内部天井:高い天井の上には、見事な小屋組が。
  庭園:縁側から望む日本庭園。裏山を借景にしている。
庭園:縁側から望む日本庭園。裏山を借景にしている。
時国家のしつらえ
鉄瓶が二つ並ぶ囲炉裏。
鉄瓶が二つ並ぶ囲炉裏。
  時が止まった振り子時計。
時が止まった振り子時計。
  もう一つの囲炉裏。奥には上に神様棚、下に仏間。
もう一つの囲炉裏。奥には上に神様棚、下に仏間。
  庭の飛び石。
庭の飛び石。
土間にある籠。 (昔のマイカー)
土間にある籠。
(昔のマイカー)
  大きな大きな竃。黒漆喰が渋い。
大きな大きな竃。黒漆喰が渋い。
  こちらも渋いシンク。外に直接排水。
こちらも渋いシンク。外に直接排水。
  もう一つの茅葺きの中には民具が展示されている。
もう一つの茅葺きの中には民具が展示されている。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

四季の暮らし部

広告募集