能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>



おすすめスポット

道の駅 赤神


猿山岬を望む風光明媚な立地の道の駅・赤神。
アテの木の匂いに包まれた店内には梅干しなどの地元のおばちゃん達がつくるものも。

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

〒927-2345 石川県輪島市門前町赤神壱110番
TEL 0768-45-1001
9:00~18:00(6月~9月) 9:00~17:00(4、5、10、11月) 10:00~17:00(12月~3月)
火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
37台(大型車6台、普通車31台)
金沢市よりのと里山海道西山I.C.下車、国道249号を北へ約40km(約1時間40分)
道の駅 赤神 http://www.hrr.mlit.go.jp/road/miti_eki/each_folder/akakami/akakami.html

■門前町の花→輪島市の花
猿山岬が群生地で有名な"雪割草"。
合併前の門前町の町の花でしたが、合併後には輪島市の花となりました。
雪割草が好きな方は遠方からも門前へやって来ます。
ここ、道の駅赤神でも、年間を通じて雪割草を販売しています。
地元で栽培されている方が、毎週定休日明けの水曜日に持って来て、月曜日に持って帰り、常によい状態の雪割草を提供しています。
近年、夏の暑さが続き、雪割草の夏越しも大変だそうです。
■猿山岬を臨む
道の駅赤神の施設内からも外からも、海の向こうに猿山岬を望むことが出来ます。
また、猿山岬までの海岸線は湾になっていて、白い砂浜もちらほらと見受けられ、その一つに泣き浜で有名な琴ヶ浜があります。
ごつごつとした岩がある男らしい能登半島外海のイメージとは、ちょっと違う景色がここからは眺められます。もちろん、西向きなので夕焼け時はオススメ。茜色に染まる空と海で心癒されます。
■アテの匂い
赤神の建物は、地元の木である"アテ"をふんだんに利用して作られています。
そのため、5年近く経った今でも室内に入るとアテの木の匂いが感じられます。
珈琲を飲む椅子とテーブルもアテの木。
そして、地元の森林組合が作るアテの間伐材を使ったプランターもありますよ。
■赤神(アカカミ)の由来って?
赤神の由来は?と、スタッフの徳木さんに聞いてみました。
すると、「もともとこの辺の地名が赤神なんです。私も地元のおばあちゃん達にいろいろと聞いてみたのですが、どうもこの近くにある赤神隧道(トンネル)あたりの岩が赤くて、それが神秘的だったのでこういう名前がついたんじゃないかというお話を聞きました。」
なるほど、確かにこの赤神隧道のまわりの岩だけはとても赤い色をしていました。
何が岩を赤くしているのでしょうか。謎。
概要
禅の里、門前。赤岩の赤神トンネルを抜けると右手に見える道の駅。總持寺祖院をイメージした建物と空間です。目の前には日本海がひろがっています。
人気商品☆地元のおばちゃんが作った梅干し。
人気商品☆地元のおばちゃんが作った梅干し。
  赤神のスタッフさん
赤神のスタッフさん
  こちらも売れ筋・地元のお米。
こちらも売れ筋・地元のお米。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

四季の暮らし部

広告募集